【大学院入試情報】東大生、京大生のTOEICの点数は?

東大生、京大生のTOEICの点数は?

 東大生、京大生のTOEICの平均点について書いていこうと思います。

そもそも、大学生の平均点はおおよそ450点ほどです。

以下にTOEICの点数データを引用します。

800 東京大学大学院生(文系)(※学部の平均は688点)

752 東京大学(文科三類)(※全体平均は688点)

703 東京大学大学院生(理系)(※学部の平均は688点)

628 京都大学

こんな感じです。

自分のTOEICの点数はちなみに800弱です。

同期の点数を聞いたところ、900弱1人、600前半1人、500後半1人、ってな具合で結構バラけています(笑)

400後半もいましたし、500点台も600点台も700点台もいます。

大学生平均かい!っていう京大生もゴロゴロいます

むしろそういう人たちは英語を捨ててるスタンスでした。

「どうせ専門科目ができれば受かるんでしょ?」

「英語は対策もせずに1TOEICを受けただけでノータッチだったわ」

なんて言ってました。

自分からしてみればだいぶリスキーですが、彼らなりの戦略ではないかと思います。

目的は受かること、ならば、合格最低点で受かっても合格は合格

合格最低点+αとればいいんだったら、英語に時間を割くのは非効率的といった判断基準でした。

効率主義は一歩間違えるとハイリスクハイリターンになってしまうのかと思いましたね。

自分はギリ800届きませんでしたが、目標点は800でした。

なぜ目標点が800点だったかというと

京大生の平均点が628

東京大学理系院生703

東京大学の文系院生800なら、

とりあえず800点を取れば、大学院入試に関しては確実にアドバンテージであると判断して800点を目指しました。

実際、800点は超えませんでしたが、それに近い点数を3月時点で取得できたので、それを最後のTOEICとして、残り半年弱は専門科目に打ち込みました

自分の専攻は英語990点は100点変換だったので、700点とれた時点でやめてもよかったんですが、英語に割く余裕があったので、勉強してみたら800弱とれたといった感じです。

700点と800点では圧縮では10点しか違わないなら、英語の勉強はサッサとやめて専門科目に打ち込むべきであって、この場合、英語に時間を割くべきではないですね。

ただ、目標を高く掲げたのは功を奏しました

TOEICを勉強を通じて強く感じたことは、

600点を目指したら500点台しかとれないし、

700点を目指したら600点台しかとれないし、

800点を目指したら700点台しかとれない。

ということです。

TOEICに関して、

自分のとりたい点数の3割増しの点数を目標

にすることをオススメします。

実は、初めてTOEICを受けたとき、500点台で失望して、かなり焦ったのを覚えています。

ただ、TOEICに求められている能力は英語力というよりも、情報処理能力であるような気がしてなりません。

確実に言えることは、英語の得意不得意に限らず、TOEICは勉強すればするほど上がるモノだということです。

では、本日はここまでです。

ありがとうございました。







  に  

 

大学院入試攻略

大学院入試対策

大学院入試情報

大学院入試お悩み解決

関連記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふくしま より:

    TOEICは5点刻みだと思うのですが、ここでの点数は端数になっていますが、平均点か何かでしょうか。

    • RIKU より:

      ふくしまさん、コメントありがとうございます。
      そうですね。おっしゃる通り平均点です。
      800点、800点、810点の3人の場合、平均点が803点と表示されてる感じです。