【大学院入試情報】東大生、京大生のTOEICの点数は?

スポンサーリンク



東大生、京大生のTOEICの点数は?

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

 東大生、京大生のTOEICの平均点について書いていこうと思います。

そもそも、大学生の平均点はおおよそ450点ほどです。

以下にTOEICの点数データを引用します。

800 東京大学大学院生(文系)(※学部の平均は688点)

752 東京大学(文科三類)(※全体平均は688点)

703 東京大学大学院生(理系)(※学部の平均は688点)

628 京都大学

こんな感じです。

自分のTOEICの点数はちなみに800あたりです。

同期の点数を聞いたところ、900弱1人、600前半1人、500後半1人、ってな感じで結構バラけています(笑)

400後半もいましたし、500点台も600点台も700点台もいます。

「大学生平均かい!」っていう京大生もゴロゴロいます。

むしろそういう人たちは英語を捨ててるスタンスでした(笑)

「どうせ専門科目ができれば受かるんでしょ?」

「英語は対策もせずに1TOEICを受けただけでノータッチだったわ」

なんて言ってました。

なんか京大生っぽいっちゃ京大生って感じですよね。

自分からしてみればだいぶリスキーですが、彼らなりの戦略ではないかと思います。

目的は受かること、ならば、合格最低点で受かっても合格は合格

合格最低点+αとればいいんだったら、英語に時間を割くのは非効率的といった判断基準でした。極めて合理的な彼ら。

効率主義は一歩間違えるとハイリスクハイリターンになってしまうのかと素直に思いましたね。

自分はギリ800届きませんでしたが、目標点は800でした。

なぜ目標点が800点だったかというと

京大生の平均点が628

東京大学理系院生703

東京大学の文系院生800なら、

とりあえず800点を取れば、大学院入試に関しては確実にアドバンテージであると判断して、800点を目指しました。

実際、800点は超えませんでしたが、それに近い点数を3月時点で取得できたので、それを最後のTOEICとして、残り半年弱は専門科目に打ち込みました

自分の専攻は英語990点は100点変換だったので、700点とれた時点でやめてもよかったんですが、英語に割く余裕があったので、勉強してみたらあっさり800弱とれたといった感じです。

700点と800点では圧縮では10点しか違わないなら、英語の勉強はサッサとやめて専門科目に打ち込むべきであって、この場合、英語に時間を割くべきではないですね。

ただ、目標を高く掲げたのは功を奏しました

TOEICを勉強を通じて強く感じたことは、

600点を目指したら500点台しかとれないし、

700点を目指したら600点台しかとれないし、

800点を目指したら700点台しかとれない。

ということです。

TOEICに関して、自分のとりたい点数の3割増しの点数を目標にすることをオススメします。

実は、初めてTOEICを受けたとき、500点台で失望して、かなり焦ったのを覚えています。

ただ、TOEICに求められている能力は英語力というよりも、情報処理能力であるような気がしてなりません。

確実に言えることは、英語の得意不得意に限らず、TOEICは勉強すればするほど上がるモノだということです。

さて、具体的にどのように勉強していくか。

2通りやり方があると思っています。

1つ目:自力で勉強する。

2つ目:既に確立されたノウハウに頼る。

自力で勉強する。

1つ目の自力で勉強するに関しては、大学受験を思い出してほしいのですが、「自分にフィットした勉強法」を見つけるのってだいぶ時間がかかりませんでしたか。

例えば、学校が推奨する勉強法と自分自身が行ってきた勉強法がマッチしていたなら、スイスイ勉強がはかどっていたと思います。

しかしながら、TOEICのような資格試験に関しては自分自身の勉強法がいつでもマッチするとは限りません。

さらに、費用対効果を考えたときに、大学院入試という短い時間で最大限の成果を上げるためには、大学受験のように時間(量)で勝負ということがなかなか難しいのです。

もし、既に英語が得意という方であれば、そのまま独学のままで過去問を繰り返し解いたら、見る見る上がっていくと思います。

実績のある外部の講座に頼る。

もし、英語が現時点で苦手という方にオススメするのが2つ目です。

いっそのこと、実績のある外部の講座に頼るという方法もあります。

例えば、以下のように、外部の講座は今の時代、かなり充実しています。

TOEIC800点を自力で勉強するのにかかる時間って何時間だと思いますか?

もちろん、基礎学力に依るとは思いますが、おおよそ「500時間」だと言われています。

つまり、自分自身の勉強法が間違っていた場合の時間的ロスは半端じゃないです。

自分自身はかなり早くから対策していたので、地道で準備する余裕がありました。

もし、時間がない窮地に迫られていたなら、こういった講座に頼っていたと思います。

なぜなら、大学院入試において800点もっていることは確実に上位層ですし、講座は多少お金がかかるかもしれませんが、それは初期投資のようなものだと考えています。

最初にお金がかかるか、途中経過でお金がかかるかでいずれにせよお金はかかるかと思うわけですね。

結局、外部講座を普通に受講できる以上にお金を使ってしまったんですけど、英語にかかるお金はこれだけ!って最初にわかるのはいいところですよね。

もし、今大学院受験をするならば、外部講座には頼っていたと思います。

TOEICという既にノウハウ化された試験対策には、やはり専門家に任せたほうがいいと思います。

大学院受験には専門家が不在なので、自分自身がパイオニアになるしかないんですけど、TOEICは先人の知恵を借りた方がいいですよね。

自分がもし、今大学院受験生だったら、この外部講座を使ってただろうなっていうのをシェアしておきますね。

英語に勉強を割きたくない。試験勉強をサボりたい方にオススメです。

参考までにどうぞ。

TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

アルクのTOEIC(R)テスト対策講座

ではでは、大学院受験生の皆さん、TOEIC頑張ってください。