【受験勉強法】大学院入試で実行した「ストップウォッチ勉強法」【勉強の仕方】

スポンサーリンク



ストップウォッチ勉強法

自分自身が大学院受験生の時にはよくストップウォッチを使っていました。

ストップウォッチでカチカチするのがめんどくさくなった時は砂時計とか使ってました。

なぜ、ストップウォッチを使うと良いのでしょうか。

それは、

時間の輪郭がはっきりすることにより、集中すればいい時間が決まるので、集中しやすいからです。
余談ですが、

中国の万里の長城ってどうやって作られたかご存知ですか?

万里の長城は、一定ごとに区切って、区間ごとに担当を決めていました。

各々が「この区間だけを作ればいい」と言い渡され、その区間だけを集中して築いていたら、いつのまにか万里の長城が出来上がったと言われています。

実際に、一からあの距離まで地道に築くように言い渡されていたら、心も折れていたことでしょう。

それと同じように、集中すればいい時間、集中を解いてもいい時間といったように「区切り」をつけるとかなり勉強は集中しやすいです。

そして、この

区切りをつける役目を果たすのが「ストップウォッチ」

というわけですね。

また、ストップウォッチや砂時計のいいところとして、時間の経過が可視化できることにあると思います。

つまり、自分がどこで時間を浪費しているのか。

「今、不毛な時間が流れてるな〜」って気づくことができます。

そして、今自分が不毛な時間を過ごしていると気づいたら、

科目を変えちゃってもいいですし、答えも見ちゃっても構わないわけです。

「不毛な時間を過ごしている」と気づいた時にはもう集中力って切れちゃってるからですね。

よく大学受験の時に、思考力をつけるために、答え出るまで考えろって言われたことがあるかと思いますが、

大学院受験は、よほどのことがない限り、思考力を試す試験って実はあまりないんですよね。

パターンを知ってたら解ける問題、知らなかったらとてもじゃないけど、解けない問題って、やはりあります。

そんな中で、解けない問題に対して、ウンウン考えたってしょうがないわけです。

潔く答え見ちゃいましょう。

そして、飽きたら次の科目に行っちゃいましょう。

こういうメリハリをつけて、ハイ、次に!次に!と行ったスピード感、ノリを生み出すために勉強にストップウォッチは必要です。

このスピード感、ノリが勉強における効率性を生み出すツールがストップウォッチ

です。

ストップウォッチがめんどくさいと感じる人は勉強管理ツールとして、時間を測って記録をつけるアプリ、StudyPlusなどもあります。

自分自身、このStudyPlusは1年以上使っていましたよ。

アプリを使いながら、勉強はとても楽しかった記憶があります。

是非是非、使ってみてください。

それでは。