【大学院入試対策】大学院入試説明会に出席する意味って?

 大学院入試説明会に出席する意味ってあるの?

 大学院入試説明会も立派な対策のひとつだと思ったので、大学院入試対策としてカテゴライズしました。

それくらい大事なんですね。

本日は大学院入試説明会の必要性について書いて行きたいと思います。

入試の3ヵ月ほど前に大学院入試説明会というものが開催されます。

この大学院入試説明会には必ず参加をしましょう。

そして、どうせわざわざ説明会まで足を運ぶなら、

「この日に研究室見学はできないでしょうか。」

「この日に研究内容について話を伺うことはできないでしょうか。」

という提案を、希望の研究室の教授に持ちかけることをオススメします。

通常、大学院入試説明会のあとに研究室見学はスケジュールに組み込まれています。

しかし、研究室見学できるからといって、教授は席を外している可能性は大いにあります。

博士課程の学生に「ちょっと忙しいから研究室の説明お願い」って頼んであることもあります。

実際、入学してみてわかったことは、自分じゃなくてもできる仕事(研究)は研究室の自分以外の誰かに仕事を振ります。

研究室見学に行って、「さっきまで教授居たんだけどね~」って言われるのって、かなりもったいなくないですか。

そのためにも、アポイントを取ることをオススメします。




実体験話

実はですね。

自分の実体験の話をすると、自分の研究室見学のときは、教授がいませんでした

「あー、せっかくならアポイントとっておけばよかった。」

この自分の失敗談を踏まえて、アポイントをとることを勧めています。

また、大学院入試説明会の時点では、教授はどんな生徒が研究室を志望しているのかすらわかっていない状態です。

自分のメールアドレスで、教授にメールを送ることで、自分の存在をアピールすることにも繋がります。 

ただ、それが合否に関わるかというと、そんなことは絶対にありえません

これは大学院入試に受かるためというよりも、

受かった後、これから少なくとも2年は付き合うことになるでしょう。

話してみて、大体の研究室の雰囲気も掴めると思います。

かなり頭が固そうな教授だな、とか。面白いユーモラスな教授だな、とか。

そういった意味でもっと先を見据えた観点からの提案で研究室見学をオススメします。

どうせなら同時に済ませれるときにやっておいた方が効率がいいですよね。

まだ会ったことのない教授にメールを送るといった行動力も挑戦する上では、必要な要素ではないかと思います。

本日の記事はここまでです。

ありがとうございました。

関連記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket