【大学院入試お悩み解決】GPAがヤバイ?大学時代の成績は関係あるのか?という話。

スポンサーリンク



大学院入試において、大学時代の成績関係あるのか。

先に答え言っちゃいます。ほぼほぼ関係ありません。

大学の成績って大学院入試に関係あるのか?という話をしていきたいと思います。

他大学の院に行きたい後輩から質問をされたことがあります。

「自分、大学の成績が悪いんですが、大学院入試、大丈夫ですかね?」

結論から言います。

全然大丈夫です。

なぜそんなことが言えるのか?

「再現性」という観点から言えば、すべての大学院入試を知り尽くしたわけではないので、あくまで自分自身が知ってる範囲であることをご了承ください。

ただ、ほぼほぼ関係ないと確信しています。

なぜか?

それは、学部の成績で決まってしまうなら、大学院試自体が無意味であるからです。

自分の専攻の面接では、大学のGPAどころか学部のことは一切聞かれませんでした。

先程も申し上げた通り、聞かれる大学院はもちろんあると思います。

ただ、その前に、もっと本質的なことを考えてみてほしいというのが今回の記事の目的です。

なぜ学部の成績を聞いてくるのかという真意を。

それは、
大学院での研究における生産性の期待値を測りたいから。
であると思いませんか。
その人の未来を知ろうと思ったら、過去を聞くのが手っ取り早いわけです。

これは就職活動でもきっとそうでしょう。

過去の行動には、あなたの価値観や能力が反映されます。

そして、その価値観や能力を知ることができれば、未来に及ぼす影響をある程度類推できると考えられるわけです。

では、大学時代の過ごし方を一目でわかる指標って何だと思いますか?

それがズバリ「成績表」です。

この本質的なところから逆算すれば、もし、GPAが悪くても挽回の機会があります。

面接という話せる機会で、自分の生産性の期待値について語って挽回することは全然可能だと思いませんか。

例えば、

大学時代、授業に何も興味をもてなくて、サボっていた時期がありました。

しかし、このままではダメだと思い、勉強に目覚めたのがちょうど1年前からでした。

そして、今では勉強に対する熱意がかなりあり、今のこの現状を打破すべく、自分をより高い環境に置こうと考え、この研究室を志望させて頂きました。

といったように。

たとえ、学部の成績が悪くても、それに見合う正当な理由を語ることが重要です。

自分の今の価値観は悪い成績をとってしまったときの価値観から変化をしていることを含めて話すと好印象かと思われます。

なおかつ、今の価値観でもって、この大学院を志望をしているという「熱意」を表現することで、あなたへの評価がグンと変わると思います。

もし、あまりにも成績が悪すぎて、ここに対する不安が人一倍あるのであれば、学部の成績を一切みない専攻を考慮にいれるのもいいかもしれませんね。

そのような専攻はありふれていますし、実際そんな専攻ばっかりです。

大学時代の成績が悪いというそれだけの理由で、院進学を諦めているのなら、それはかなりもったいないことだと思います。

大学時代の成績なんてどうでもいいって思われるくらい良い成績取ってしまえば何も言われないわけですので、ドンと構えていきましょう。

ということで、今回の記事は、

大学院入試において、大学時代の成績なんて気にせず、ひたすら勉強した方が期待値が高くなりますよ。というお話でした。