【コラム】京大生のサボりの美学

サボりたい。

サボりたい。

誰しもが日常生活で考えることの一つの感情ではないでしょうか。

実際に、この「サボりたい」感情が自分の行動原理の一部として組み込まれていると言っても過言ではないかもしれないですし、周りの京大生を見ててもそう思います。

どうせやるなら、

最小限の資本で最大限の効果をあげたい

と常に思ってます。

ただ、この「サボり」ということについて、それを美徳としない日本文化があるように思いますね。

みんなと同じように授業を受け、みんなと同じ時間分だけ努力をして、足並みを揃えることが日本文化、日本教育における「美徳」なのかもしれないですね。

ただ、世の中の一流とされるスポーツプレイヤーや著名人はガンガン積極的にサボっているように思います。

ちなみに、このサボりというものは決して「怠ける」ということではありません。

ここぞという時のために最大限のパワーを出力させるための「温存」という考え方に近いです。

サッカーで一番わかりやすいプレイスタイルはメッシではないでしょうか。

よくメディアに批判されるますが、メッシはみんなが走り回っている中、頻繁に歩いたりして、しょっちゅうサボります

めっちゃサボりますが、ここぞという時にトップスピードまで持ってきて、ゴールをかっさらうシーンを何回も見たことがあります。

メッシだから許されるかもしれないプレイスタイルかもしれないですね。

サボるのだから、それだけ求められるハードルも高くなるように思います。

これはきっと日常、ひいては人生で使えるマインドの一つではないでしょうか。

1日に使える体力も精神力も限られている中で、もっとも大事なところにエネルギーを注ぐ。

どうでもいいことに体力も精神力も使いたくないから、できるだけそのシーンでは省エネモードで生きていく。

では、サボるために一番気をつけるべきことって何だろうでしょうか。

それは本当に大事なものであるか瑣末なものであるかの見極めではないでしょうか。

結局、そのタスクの重要性を見極めることができないとサボることができないんです。

見返りが少ないものに対して、全力ダッシュするのはちょっと勿体ないと感じてしまうのがおそらくほとんどの人に当てはまると思います。

しかし、それが本当に見返りが少ないという鑑識眼を持ってる人でないと見極めることができません。

では、このような鑑識眼はどうやって身につけることはできるのでしょうか?

それは常にゴールを想定する癖をつけることだと思います。

ゴールを想定することで、具体的な道筋は今はわからなくても大体の方角と所要時間がわかるわけです。

そして、いざタスクが振られた時に、「これのゴールってこれ?」って瞬時に判断できれば、かけるべき労力、時間の見積もりが推測できるわけですね。

つまり、本日の記事の総括は

サボるために必要なことは常にゴールを考えることであり、そのためには積極的にサボり、ここぞという時に持っている労力を最大限に注ぎ込む。

ということでした。

コスパを求める生き方結構おすすめですよ。

本日の記事はここまでです。ありがとうございました。







  に  

 

大学院入試攻略

大学院入試対策

大学院入試情報

大学院入試お悩み解決

関連記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする