【大学院入試情報】研究室訪問が絶対に必要な2つの理由とやり方について。

スポンサーリンク



研究室訪問って意味があるのだろうか?

「研究室訪問って必要ですか?」

「はい、絶対必要です。」

はい、とういうわけでですね、研究室訪問の目的について2つ書いておきたいと思います。

研究室の雰囲気も味わうことで、モチベーションアップにも繋がる。

教授がどんな人か?対面で話してみることで研究室の厳しさや緩さもわかったりします。

その他、研究室の将来の同期、先輩と話すことで自分の夢がとても現実的なものとして実感できると思います。

大学院生には事前に用意したメモ帳を見ながら、色んな事を聴くといいと思います。

聴くことを予めリストアップしておくことをオススメします。

  • 当研究室の1日のスケジュールってどうなっていますか?

  • 当研究室の一週間のスケジュールってどうなってますか?

  • 研究内容について詳しく教えてください。

  • 研究室のイベントってありますか?

  • 研究室の雰囲気ってぶっちゃけどうですか?(先輩に)

  • 自分がもし入ることができたら、与えられる可能性の高い研究テーマって何ですか?

  • 院生のキャンパスライフについて教えてください

といったところでしょうか。

将来の先輩はかなり親切に教えてくれますが、未来の同期は「外部生のせいで枠が減る!」と思ってますので、お願い事は先輩に頼むと良いです(笑)

さて、研究室訪問の目的の2つ目。

研究室に代々受け継がれている過去問の解答を入手すること

「今過去問を解いて勉強しているのですが、解答がなくて非常に困っています。何か勉強の助けになる先輩方の回答があれば頂きたいです。」

と言って、過去問の解答データをいただきましょう。

注意すべきなのは、先ほども言ったように、研究室の先輩に頼みましょう(笑)

同期だと、枠が減るので、出し惜しみする可能性高いです(笑)

そのためにも、念のため、USBは必ず持参しておくと良いです。

「授業のレジュメも一応入れとくわ」って言ってくださった先輩もいましたし

大量の過去問の回答がPDFとして保存されている場合もあります。

そして、最後に、マナーとして、手土産はもっていきましょうね。

教授や先輩も忙しい時間を削って相手してくれているので、感謝の意を示すお礼は必要ではないかと思います。

さて、この過去問の解答集さえ手に入れば、

大学院試という情報戦に関しては内部生の優位性に対抗する

ことができます。

以上が研究室訪問が必要である2つの理由です。

行きたい大学院の研究室は早めにリサーチしてくださいね。

本日は以上です。ありがとうございました。