【大学院入試対策】外部生が内部生から圧倒的点差を引き離してトップ合格した方法。

スポンサーリンク



大学院受験で勝つためには「時間」を味方につける。

京大院トップで合格って、果たして得点率何%だったんですか?

この質問に答えていきたいと思います。

結論から言うと、503/600 (得点率83.8%)です。

院試って8割取らないと合格できないの?

安心してください。

この点数は研究室において内部生を出し抜き、1位でした。

大学院入試は6割獲ったら受かる。

大学院入試といえども、6割あれば受かりますし、7割とれば確実に受かります

自分の専攻の合格点は5割強でした。

では、なぜ地方国立大学の外部生が内部生に圧倒的に勝つことができたか?

本日はその方法について書いていきたいと思います。

外部生と内部生の差は2つです。

1、内部生の難関試験を乗り越えたポテンシャルの高さ

2、過去問の解答の存在

では、1つずつ説明していきましょう。

1. 内部生の難関試験を乗り越えたポテンシャルの高さ

ただ、1つ目に関して、個人的体感ですが、
18歳のときの学力が22歳のときに維持できている人って意外と少ないんですね。

高校生のときの方が賢かったわ~」なんて言う同期もいます(笑)

そうです、大学生は遊び呆けるのは、難関大学生も例外ではありません。

受験生当時よりやや弱体化した京大生と用意周到な外部生はやはり準備周到な外部生の方が準備の面で強かったりするのです。

つまり、準備周到である大学生が大学院試においては強いということ。
もしかすると、大学院入試に限らず、就職活動にも言えるかもしれませんね。

すなわち「時間」を味方につけることが院試対策の肝です。

走るのが遅いカメが走るのが早いウサギに勝つ方法は早く準備を始めたからです。

大学院入試において、外部生は勉強の時間というよりも、この「準備」に時間がかかるわけですが、解決策は簡単です。

スタート時間をより早めればいい話です。

受験において、そもそもスタート時間など存在しないわけで、準備が早いことに関して誰も文句を言う人はいません。

重ね重ね言いますが、早めに取り掛かれば取り掛かるほど有利です。

2. 過去問の解答の存在

では、2つ目の「研究室の過去問の解答の存在」について説明していきたいと思います。

大学受験と大学院試の違いの一つに、情報流通量の差があります。

大学受験とか全国の赤本がご丁寧に解答までついて販売されていたのに、大学院試験に関しては全然ない。

ビジネスの視点からすると、それはしょうがないことだと思います。

需要はあっても、採算がとれない事業に関しては企業は介入しないのです。

つまり、情報が圧倒的に不足しているが故に、大学院試験はあらゆる勉強のジャンルの中でもやや高度な情報戦なのです。

それならば、内部生がもっている情報を外部生が同じ分だけ手に入れることができたとしたら、外部生と内部生の優位性の差をなくせそうじゃないですか?

時間を味方につけてしまえば、外部生の方がむしろ有利で、内部生の唯一の優位性である情報の面で差をなくしてしまえば、外部生にも十分勝機はありませんか。

そう考えた当時大学三年生の自分は余裕で勝機があると思っていました。

自分が内部生より圧倒的に点数差で合格できたのは、早めに準備に取り掛かり、情報の差をできるだけなくしたからに尽きないと考えています。

実際に、大学院入試説明会は大学四年生で実施されますが、自分は居ても立っても居られず、大学三年生の9月頃に研究室の教授に直接アポイントを取りました。

個人的な研究室訪問の際に、先輩方が丁寧に接してくださり、過去問回答や授業のレジュメのコピーをいただけたりしました。

自分で足を運ぶという泥臭いことも必要ではありますが、それほど情報が枯渇しているのであれば、自分から赴く熱意で解決できるんだと強く感じたことを覚えています。

では、今回の記事のまとめです。

外部生が内部生に圧倒的に点数差を引き離せた理由は

時間を味方につけた上で、情報に対して貪欲であったから

です。

以上です。

大学院受験生の皆さん、頑張ってください。